FMIのプロフェッショナルなスタッフが以下のサービスを会員に提供しています。

調査

業界に関する信頼のおける情報を会員、業界、政府、消費者へ提供しています。主なテーマは、消費傾向、新技術、管理業務の向上などです。

FMI情報サービス(ライブラリー)

FMIは、食品小売業・卸売業・物流に関して、世界唯一最も広範囲な情報を保有している機関です。ひとつの統計データからひとつのテーマについての膨大な資料まで、年間15,000件を超える問い合わせに答えています
また、独自の調査や研究成果を有料で提供しています。一部、日本語版の発行物も揃っています。
FMI会員は会員価格でご購入いただけます。同時に、下記のニュースレターを無料でメール配信しています。

・FMI dailyLead(FMIデイリーリード)
平日毎日配信。新聞・雑誌に掲載された業界関連のニュースのダイジェストを掲載したニュースレター。
日本会員には、日本語版をこのサイトを通じて無料提供しています。
・FMI International E-News(FMIインターナショナル Eニュース)
「インターナショナル・メンバー」向けに毎月配信されるニュースレターで、FMIの活動状況を報告。

教育プログラム

会議、セミナー、教材などの形で、技術の習得やあらゆる管理階層での効率の向上に関しての教育プログラムを実施しています。
また、従業員の士気の構築や業界が置かれる社会的もしくは経済的な環境に気づくためのプログラムも企画されています。
店舗レベルでの食品安全防衛システム、人材雇用、従業員の維持とやる気の高揚など、広範囲にわたる会議やセミナーを年に50回以上実施しています。
FMIでは、各テーマに関するガイドブックや、マルチメディアを利用したトレーニングプログラムを開発・提供しています。

会議

国際的な商品展示会としては業界最大規模のひとつであるFMI Show(FMIショー)が毎年5月にアメリカで開催されます。
製造業にとっても、卸売業や食品小売業にとっても、ビジネス拡大の好機を提供しています。
また、毎年、Marketechnics®(マーケテクニックス)というMDや技術をテーマとしたワークショップおよび展示会を実施しています。
FMIジャパンでは、出展や参加に関する諸手続きのお手伝いをしています。

消費者との関係強化

消費者グループと定期的な集会を持つことで、食品流通業の役割への理解を深めることに寄与しています。
消費者との意見交換を行うことで、小売業者と消費者代表が共通に持つ関心事項は何かが認識できます。
この活動の最優先事項は、会員に代わり、消費者教育・情報・調査プログラムを開発することにあります。